ピノ・ノワール・セレブレーション・ジャパン2015
Pinot Noir Celebration Japan 2015

新しい地平を拓いたピノ・ノワール
歴史はあの時から始まった

The Challenge of 1965 – A Leap of Faith and Conviction
The Momentum of 1987 – A Leap Across the Ocean

7月11日(土)東京アメリカンクラブ Map(PDF)

ピノ・ノワール・セレブレーション・ジャパン2015

第1部
テーマ・セミナー&ランチョン11:00amー2:30pm ワイン6種類の比較試飲 - くわしくはこちら
第2部
グランド・テイスティング3:00pm ー5:30pm 120種類以上の世界中のピノ・ノワールが試飲できます - くわしくはこちら

お申込み

未知の場所で誰にも知られることなく挑戦したブドウ栽培・ワインづくりが、ある日突然、伝統産地のワインを打ち負かし、人間の思いこみや先入観から解放してくれる。新しい銘醸地の誕生では、こんな話をよく聞きます。
そしてこの30年ほどの間に「ピノ・ノワール」を造りたいと思う個人が、世界中で栽培適地をみつけだし、新しいピノ・ノワール産地を生み出してきました。
北海道の余市や三笠も、この文脈に合致したものに違いありません。
今回は、その潮流の元となった歴史的出来事のひとつを造り手と共に振り返り、ピノ・ノワールの過去と現在、そして未来を展望します。(今回のセミナーテーマより)

Guest Speakers(予定)

ジェイソン・レット Jason Lett
ジ・アイリー・ヴィンヤーズ The Eyrie Vineyards Willamette Valley, Oregon USA
デイヴィッド・ミルマン David Millman
ドメーヌ・ドルーアン・オレゴン Domaine Drouhin Oregon Willamette Valley, Oregon USA

Grand Tasting Guests

曽我貴彦 Takahiko Soga Owner Winemake
ドメーヌ・タカヒコ Domaine Takahiko (Yoichi, Hokkaido)
山﨑亮一 Ryoichi Yamazaki Chief Winemaker
山崎ワイナリー Yamazaki Winery (Mikasa, Hokkaido)
小山竜宇 Takahiro Koyama Owner Winemaker
コヤマ・ワインズ Koyama Wines (Waipara Valley, New Zealand)

お申し込みページへ - Ticketing

ご注意とお願い

プライバシーポリシーについて RSS2.0

△ひとつ前
にもどる

▲ページの
トップへ